【2022年版】GoogleAdsence(グーグル アドセンス)が停止された!体験記

サイト運営

いつものようにメールの確認をするため、Gmailを開いたところ、Googleから見慣れぬ件名のメールが届いていました。

なんじゃこれは!?

Adsenceの廃止!?全く身に覚えがない…

このところサイトの更新をしていなかったせいだろうか、自分が知らない間に何かしでかしたのだろうか、はたまたGoogle様が何か勘違いをされたのだろうか…

ともかく、僕は原因を調査することにしました

広告制限の原因は「無効なトラフィック」!

どうやら、原因は「無効なトラフィック」のようで。

では、「無効なトラフィック」とはなんぞや。

そのことをググることからスタートしました。

ちなみにGoogle公式サイトには上記のとおり書かれています。

  • サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア
  • サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと

  これについては、自分自身でサイト内の広告をクリックする行為ですが、このところサイト 

 更新もしていなかったので、まず該当しません。

 
  • 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと

  これは、自分以外の第三者がサイトに訪れ、複数回広告をクリックする行為ですが、これは

 あり得ます。

 
  • サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

  上記の2つに関しては、意図的な誘導やツールを使用した行為であるので、これもあり得ま

 せん。

 よって、原因としては第三者が私のサイトにやってきて、複数回クリックを行ったということのようです。

 無効なトラフィックによる広告制限について調べてみたところ、他のサイト運営者の方々の中にも制限された方がたくさんいらっしゃるようでした。

 そして、対策としては「無効なトラフィックの特定→Google社への報告」

 または、ひたすらに制限解除を待つというものでした…

私のアカウントはGoogleアナリティクスとのリンクがまだだったので、Googleアナリティクスの設定を行うとともに

  WordPressに不審なアクセスをブロックするアドオンを導入

しました。

Ad Invalid Click Protector(通称AICP)の導入

私のサイトなんかに悪意を持った輩が訪れるとは考えにくいですが、とにもかくにも機械的にはじいてくれるアドオンを導入しました。

このアドオンの機能は単純明快で、

「特定の期間内に特定のIPアドレスから複数回広告がクリックされた場合、その広告を非常時にする」

というものです。とても便利なアドオンですね。

Google社への報告

以上のとおり、大した対策はしていませんが、とりあえずGoogle社に対策を実施している旨の報告をしました。

意味があるかどうかは分かりませんが、何もアクションをしないよりかはマシという感覚です。

報告については、こちらの無効なクリックの連絡フォームから行いました。

こちらのフォームでGoogle社に連絡をしても、特に回答はないようですが、何事もやってみることが大事ということで…

とりあえずGoogle社からの連絡待ちです

というわけで、Googleアドセンス利用停止連絡からの流れをまとめてみました。

今後、何か進展があればまた追記していきたいと思います。

追記 アドセンス利用停止が解除になりました

追記です。↑のような手続きを行っていたところ、Googleアドセンスの利用停止が解除となりました。

利用停止から解除まではだいたい3週間くらいといったところでしょうか。解除の理由をGoogleから教えてはくれません。

おそらく、Google AIが私のサイトをクローリングした結果、正常なトラフィックに戻っていたという判断だと思います。

以下の記事も参考にしてください↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました